メディア情報

ホーム > 新着情報 > メディア情報 > 節分に名をあげる【出世そば】

節分に名をあげる【出世そば】

江戸時代には、立春が年明けとされ、立春の前日に食べるそばを「年越しそば」と呼んでいました。

又、大阪では節分に「名をあげる」の語呂合わせから「」と「おあげさん」が入ったそばを好んで食べる習慣があるそうです。

 

“道頓堀 今井”では、通販150食限定で、予約を承っております。(2月3日届け限定)

今年の節分は清めのそばを食べて、清々しい春をお迎えください。

出世そばHP用